銀水荘のおもてなし

雅なる休日へようこそ

誠のおもてなしを目指しつづけて50年。
昨日より今日、今日より明日、日々それを目指し、想い、お客様をお迎えしております。
そんな銀水荘のおもてなしの秘密を、すこしだけ公開いたします。

おもてなしイメージ1

稲取銀水荘の送迎バスで…ささやかな「あの」サービス

稲取銀水荘は無料送迎バスを運行しています。午後の稲取駅発のバスでは、ご乗車の際に運転手が「おしぼり」を手渡してお迎えしています。
冬はあつあつ、夏はひんやり、おしぼりって気持ちのいい文化ですよね。おしぼり1本でお客様の笑顔に出会えることも大変嬉しいのですが…
なによりも、東京から直行電車でも2時間半。それだけの時間をかけて稲取銀水荘へ…いや、稲取温泉へお越しいただいた皆様の労をねぎらい、これから稲取温泉で過ごすひとときを精一杯おもてなししたい。そんな想いで、1本ずつお渡ししています。
稲取銀水荘のおもてなしは、稲取温泉に降り立ったそのときから始まっているのです。

おもてなしイメージ2

お着きの一服…抹茶のおもてなし

稲取銀水荘ではお着きの一服に、抹茶をご用意いたします。主は真心をもってお客様をお迎えし、客はその厚意に真心をもって応える…茶の湯のこころはそのような真心と真心のふれあい、人と人との出会いであると言われています。稲取銀水荘は文字通りの「客商売」、人と真心なしでは立ち行きません。
一服の清涼とともに、歓迎の真心をお伝えしたい。そんな想いで、今日まで抹茶のおもてなしを行っております。

おもてなしポイント

お着きのお抹茶については、お部屋で、お客様の目の前で点てることもありますが、基本は「蔭点て」。
これは、効率を図ることが目的ではなく、ご滞在中の客室はお客様のお家と考えているためです。お部屋に一歩入ったら、旅装を解き、身も心も寛いでいただきたい。
歓迎と銀水の真心を示す抹茶のサービスですから、かしこまって緊張されてしまってはいけません。そこで稲取銀水荘の客室には、ツインルームを除いてほとんど全てに「水屋」を設けています。「ミニキッチン」と間違われることもあるのですが、これは私どものサービス係が、お茶の支度をするためのスペースなのです。

おもてなしイメージ3

館内に時計がほとんどない理由

稲取銀水荘は旅館です。その中でも、ここ稲取温泉という土地柄、稲取銀水荘に訪れるお客様のほとんどは、休日の余暇を楽しみにご来荘いただきます。
仕事や、家事や、その他もろもろに忙しく奔走する現代人。そんな皆様の休日…せめて稲取銀水荘で過ごすひとときだけは、時を忘れてごゆるりとお寛ぎいただきたい。
そんな想いから、稲取銀水荘のお部屋やロビーには時計を置いていないのです。

おもてなしポイント

大浴場(脱衣所)など、一部の施設には壁時計を設置しています。これは、待ち合わせの際にはやはり必要…という、お客様のお声を反映したものです。
今ではルームキーも各部屋2本ずつご用意しておりますし、皆様携帯電話などもお持ちでいらっしゃいますので、本当は必要ないのかもしれませんが…
湯上りにお土産コーナーやラウンジでお茶を楽しむ際には、時計を見て待ち合わせ…というのもまた楽しいひとときです。

おもてなしイメージ4

「冷たいものは冷たいうちに、温かいものは温かいうちに」

「冷たいものは冷たいうちに、温かいものは温かいうちに」 今では料理提供の基本とも言える姿勢ですが、稲取銀水荘ではその前身である金鵄館(きんしかん)の時代から、その精神を貫いて参りました。銀水荘の前身である金鵄館は、割烹旅館でありながら商人宿のような性格も持っていました。
行商さんはもちろんのこと、県庁や築地市場から町役場や学校、漁協、農協などへ出張でお越しになる方々、そして地元の方々も、頻繁に会食や宴席を開いてくださる上客であったそうです。特に地元のお客様は「予約」をされないものですから、「今から二十五人行くよ」とか「十五人だよ」といったぐあいで、突然やってくるのです。
連絡を受けたほうはすぐさま八百屋に走り、つまり仕入れから始めなければならないので、それはもう大変だったそうです。湯を沸かし、茶碗蒸しを作り、ごはん炊き、出来るつど運ぶ。そうすると「ああ、温かくておいしい」と、お客様は大変喜んでくださったそうです。出来る限りのことをして、なるべく早くお客様に応える。
それが「冷たいものは冷たいうちに、温かいものは温かいうちに」という料理ポリシーの姿勢の根底に、今も在り続けているのです。

おもてなしポイント

今では温泉旅館として50年以上の歴史を持つ銀水荘ですが、今も料理とサービスが銀水の柱であることは変わりありません。また、冷蔵・温蔵の技術が進歩しても、やっぱり最後は「できたて、つくりたて」を大切にし、お部屋食でも御食事処でも、もちろん大広間での宴会でも、いくつもの「差し込み料理」を献立に加えています。

おもてなしイメージ5

銀水荘のおもてなしの粋 おみおくり

銀水荘で、お客様がお過ごしになってくれた事への御礼を、心から伝えたい。
「行ってらっしゃいませ ご来館ありがとうございました」と。
感謝の気持ちと、再訪を願う気持ちは、 言葉だけでなく、心から表現していきたい。
見て送るだけではなく、身をもってお客様を送る、「お身送り」
ご来館の感謝と、再訪のお気持ち、 どうか、皆様のお心に、届くよう…

銀水荘一同

お子さまと一緒に旅する方へ

お子さまと一緒に旅する方へイメージ

  • ご夕食は小学生向けメニュー、未就学児向けメニューと年齢に応じた内容をご用意しております。
    また、アラカルトも対応可能です。お気軽にご相談下さい。
  • お食事のアレルギーには可能な限り対応いたします。「食べられるもの」「食べてはいけないもの」を教えて下さい。
    また、小さなお子さまにお取分けをされる大人料理でも対応可能です。まずは事前にご相談下さい。
  • 7名様からご利用いただける、個室食事会場もございます。小さなお子さまがご一緒の3世代旅行などにご活用下さい(お申込みのプラン、会場の空き状況によりご利用いただけない場合がございます)
  • その他、小さなお子さまのためのサービス、グッズは以下の通りです(貸出)
  • 離乳食あたためサービス
  • お子さまスリッパ
  • お子さま食器
    (お茶わん、おはし、コップ、フォークなど)
  • おむつペール
  • バウンサー
  • クーハン
  • ベビー布団
  • お子さまチェア
  • 湯沸かしポット
  • お子さま浴衣
  • 加湿器

※お浴衣は施設使用料をいただくお子さま以上に無料でご用意しております。
無料同伴のお子さまで、お浴衣をご希望の際には、有料1着840円でご用意します(100cm~)

※グッズの数に限りがあります。

旅行に不安をお持ちの方へ

お子さまと一緒に旅する方へイメージ

  • 洋室、和洋室のお部屋があります。ベッドのあるお部屋をご希望のお客さまは予約時にお申しつけ下さい(プランにより宿泊料金が変わる場合があります)
  • お車でお越しの際は玄関前での乗降車が可能です。
  • 正座が困難なお客さまでも安心のイス・テーブル形式の食事会場を充実させています。ダイニングルーム、和風御食事処、そして個室食事会場でも椅子席でのお食事の対応が可能です(要事前予約/数に限りがあります)
  • お食事のアレルギー、摂取制限には可能な限り対応いたします。 「食べられるもの」「食べてはいけないもの」を教えて下さい。まずは事前にご相談下さい。
  • 歩行に自信のないお客さまには、館内の移動が楽なエレベーター近くのお部屋をご用意します。 ご予約の際にお申し出下さい。
  • 英会話対応のできるスタッフがいます。
  • その他、旅行の安心をサポートするサービス、グッズをご用意しております。
  • 伊豆稲取駅~ホテル間の送迎バス
  • 車椅子
  • 高座椅子
  • 簡易ベッド
  • 背もたれつきバスチェア(大浴場)
  • 加湿器

※グッズの数には限りがあります。

  • 伊豆で遊ぼう! 観光案内
  • 銀水荘の会員サービス 銀水倶楽部
  • ペット連れでも安心 ペットドリーム
  • 女性の為の癒し空間 エステサロン
  • 自家源泉の湯 大露天風呂